はじめてのいちろくよんいじり

ALFA164QVの整備記録ですが何かの役に立てれば・・・!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

4年ぶりの「秋のクラブラン」

長らく参加も主催もしていなかったALFA164O,Cのクラブランにようやく参加出来ると思うと、なんかお祭り前の気分です。

最近、あまりちゃんとしたメンテをしていない私の164QVですが、気になる所をちょこっと直します。


QVメータ5
メーターパネルの照明電球の切れているのをまずは交換。
電球は全部で16個用意。

QVメータ1
めんどくさい作業ですが、メーターパネルASSYを外します。

QVメータ2
このASSY自体が164QV専用(中の回路もQV用になっているが、ATのメーターも接続可)

QVメータ3
メーターユニット裏側にはいくつもの黒いソケットが刺さっている。
そのうちの点灯頻度の高いモノを交換する。
バルブ(電球)の交換は7年ぶり。

QVメータ4
LEDにしようかとも思ったけど、やっぱり普通のバルブにする。

オイルゲージ
4月初めに交換してから5ヶ月、約3,000km走行後のエンジンオイル。
残量は、継ぎ足し無しでLレベルより3~400ccくらい。
ということは、消費量は1,700kmくらいで1L か?

ブラッドペン1
クラブラン出発の2日前の早朝、エンジンオイル交換をする。
オイルは4月に入れた時と同じモノで「ブラッド・ペン」というアメリカ製。20W-50 部分合成油。
最近のオイルでは含有率が低いZDDPがしっかり入っているらしく、ALFA自製エンジン等も磨耗を防いでくれるらしい?
私は12本入りの1カートン買いをしている。全量交換には8本必要。
オイル・フィルターはオートバックスで購入出来るPIAA製、品番Z-2 を使っている(笑)
オイル・ドレンプラグのアルミ・ワッシャはまだ痛んでいないので再利用、ネジ部に少しだけシール・テープを巻いておくとオイルが漏れることはまず無い。

ブラッドペン2
1本ずつエンジンに流し込んでいく。
漏斗は2Lペットボトルを切ったのが使いやすい。
エンジンオイルが緑色なのが特徴。

クラブラン’10-1
遂に、やって来ましたクラブラン当日!
やっぱり、こーやって164たちと一緒に並ぶのはうれしいもんです。

クラブラン’10-2
でも、QVとQ4のみだ!
これでは、164QV、Q4オーナーズクラブだ・・・

クラブラン’10-3
初代会長のRZがクラブランにお目見え!(驚)
お隣もメンバーさんのぴかぴか166。

クラブラン’10-4
気になっていたQ4のフロントタイヤのフェンダー真上から見た状態。
カタログ・データではQ4のF/トレッドはQVより15mm幅広なのだが見かけは殆ど分からない。
タイヤはブラブリス。ほんの僅かだがフェンダーから出ているように見えるが、サイド・ウオールの丸みが少ないので余り目立たない。

クラブラン’10-5
私のQVの同じほぼ真上から見た状態。
これはブラブリス2で、サイドの丸みが強い分、明らかにはみ出しが目立つ。
ホイール・リム幅が6.5Jなのも丸みを強めているのか?

今回の長距離高速走行でバルムタイヤの長所・短所が分かったような気がする。
長所は低価格、軽量、乗り心地の良さ、車体に優しい。
短所はコンチネンタルもその傾向があるらしいが、サイド・ウオールが柔らか過ぎる事から起こる「高速直進安定性の無さ」「タイト・コーナー旋回時の腰砕け感」「高速レーンチェンジを行った直後、おつり(揺り返し)が来る」によって運転時に不安感・疲労感があり、高速レーンチェンジ走行時のステアリング操作もある程度どんな挙動を示すか読んだ上で操作しないとコワい感じがした。とてもこの状態で速度を上げる気にはなれない。
どうも、このタイヤはAlfa・Romeoには合っているようには思えないのだが。



楽しかったクラブランからの帰宅は仮眠をとりながら月曜の朝5時。
その月曜の仕事を終えた夕方、エンジンを掛けると3年前に聴いた「まさかの、あの異音」が・・・!!


スポンサーサイト
  1. 2010/09/24(金) 00:28:05|
  2. ALFA164O,C
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:5

7月の寄り合い

今回のALFA164オーナーズクラブ西日本支部の寄り合いで、私の呼びかけで行うのはホントに久しぶりとなります。
昨年は、「もうこれ以上続けられないのでは・・・」という思いもあったのですが、何とか今まで続けてこられたのは周りの皆さんの支えが有っての事だと実感します。
164QVに毎日、乗り続けられているのもホントに嬉しいです。


で、今回の寄り合いは通常の寄り合いとはちょっと変えて、東日本支部のように集合場所を2箇所にして時間差で都合の付く方に集まりやすくするようにしました。

一箇所目は私や他のメンバーが164のメンテナンスに訪れている「Alfa Service」です。
たいていの輸入車(たまに旧車の国産車も)はメンテナンスされていますが、ここは稀に見る本当に意味での164専門店で、オーナーメカニックのT氏は164輸入1号車から携わって来られた方です。
語弊があるかもしれませんが、164をカローラのように いとも簡単に整備してしまうという言い方が当てはまります。

夏になるといろんな悩み事が164オーナーにはあると思いましたので、分からない事や相談事があったら是非このお店で寄り集まっている時にされたら速攻で解決するかもという考えもあり、ここを第一集合場所としました。





寄り合いASVこの日は猛暑だったので、夜になっても35度くらいあります。
部品取り用の164等も数台あったりします。
現在は代車に赤164QVもあり、普通では考えられないお店ですね。


寄り合いASV2私が到着する前に、赤24QVのHirocraneさんが来ていました。さらに、BMWツーリングで名古屋からkouichiさんが到着。
引き続いて、岐阜から青りんごさんがQ4でやってきました。
kouichiさんはいろいろとT氏にご相談されていました。
特にドアミラーの構造をT氏が説明されていたのを興味深く聞き入ってました。


ノブを外したドア私が依頼していた、運転席側ドアノブが出来ているというので早速、寄り合い中ですがT氏に交換取り付けをお願いしました。
画像は今までのノブを外した状態。


ドアノブ上が今回、取り付けする中古品を赤に再塗装されたドアノブ。下が今まで付いていたノブ。
このドアノブは合金製で樹脂ではありません。
ベース・プレートにノブがヒンジで繋がっており、ノブの右側にアームが一体型で出来ています。
で、このアームのノブ側の根元にドアーを開く時に常に応力が掛かるので金属疲労の亀裂が出来て最後にはちぎれて外側からドアーを開けれなくなるのです。
今回はそうなる前の早めの交換です(新品の国内在庫はすでにありません)。



寄り合い吹田夜9時を回ったので、T氏にお礼を言って、4台で東大阪から吹田へ移動です。
名神吹田SAに到着したのは9時40分くらいでしたが、すでにrufishidaさんが待ってました。
5人でSAの食堂で食事をしていると、Q4のmasakingさんがやってきました。
青りんごさんとmasakingさんでQ4の話などのクルマ談義で盛り上がっています。
遅れて、河内のおっさんが到着。
「エアコンが全然効きまへんねん!」の第一声から、kouichiさんとの2人でエアコン談義がスタート。
164のエアコンはちゃんとすれば良く効きますよ!っと私が割って入るのですが、全然、私の言うことは聞いていないようです。


寄り合いモンキー5食堂での話題は河内のオッサン号搭載のモンキーに移り、現物を見に行く事になりました。
見事にリアシートを外した状態だと上手く載るものです。
164のリアシートの下は平らなので、載せやすいらしい。


寄り合いモンキー1原型を留めないくらいモディファイされた最高速仕様モンキー。
ALFA164OWNERS CLUBのステッカーもおしゃれに貼られています。

寄り合いモンキー3各パーツもぴかぴか!

寄り合いモンキー4中年組みのメンバー約4名はこのモンキーが気に入ったようで、しげしげと、ずっと眺めていました。


寄り合い吹田QV河内のオッサン号の方もまた進化しており、ホイールがブラックのENKEIに!164ProCarのようですね。


午前0時を過ぎて「そろそろお開きにしましょう」と言うことで、解散となりました。





ドアノブ交換後3翌朝、昨日交換したドアノブの状態を見ます。

ドアノブ交換後1早速、コーティングの2回目を塗布。
ドアーパネルとの色の違いは無いようです。

ドアノブ交換後2ドアノブを引いた時の動きも軽くなり、安心してドアーを開けることが出来ます。







  1. 2010/07/27(火) 09:12:48|
  2. ALFA164O,C
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

QVエンジンの移植

モノクロQV移植エンジンweb

164O,C中部のSさんが長らく大切にされていたシルバーのQVから166MTに乗り換えられたのは先刻ご存知の事と思いますが・・・。


しかし、この話にはつづきがありました。


同じ164QVオーナーの164O,C東日本のTさんは常々気にされていた「17年、20万キロ走行によるエンジンの不調とエンジンを今後オーバーホールすべきか」という悩みを抱えていました。
そこへSさんのQVの乗り換えに際して、その後のQVをどうするかというのがあったのです。


TさんもSさんも私より、ずっと長く164QVを大切に乗り続けて来られた大先輩です。

SさんとTさんはいろいろと話をされたのだと思います。
結果、SさんのQVエンジンをTさんのQVに乗せ換えする事になったのです。
SさんのシルバーQVのエンジンはフルオーバーホールにクランクシャフト等のバランス取りが施されており、ものすごく軽い吹き上がりを示すらしいし、OH後5万キロしか走行していないので状態がとても良い筈です。


乗せ換え作業は中部メンバーが多数行き着けとしているアウトフィチーナRMで行われました。

急遽、盆休み明けに急ピッチで作業が行われたようです。

新生Tさん黒QVはSさんのQVエンジンが搭載され、生まれ変わったものとなるのです。




SさんのQVは今後Tさんの164QVで生き続け、活かされる訳でSさんもTさんの黒QVを見る度に思い出すでしょう。
こういった話は同じオーナーズクラブ内での付き合いの中で培ってきたモノがあるから出来るのです。


今度TさんのQVに出会うことがあったら、じっくりと見てあげてください。


9月8日  追記

続きを読む
  1. 2009/08/22(土) 14:03:01|
  2. ALFA164O,C
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17

名神吹田ミッドナイト

先日、「名神吹田ミッドナイト」と銘打ってUさんの呼びかけで夜の寄り合いを行いました。

そんなに集まらないのではないかと思っていたのですが、ふたを開けてみれば・・・
SUPER12V1台、SUPER1台、QV6台、QV24V1台、156 1台、オデッセイ1台と総勢11台も集合してしまいました。
西日本支部での寄り合いで10台以上集まるというのは、こちらではクラブラン等の全国イベント並なのです。



名神吹田ミッドナイト1
しっかし、いつ見ても164がずらりと並ぶ光景は異様というか(失敬!)壮観な眺めです。


ららぽーとSUPER_convert_20090628002220[1]
到着するやいなや、SUPERのIさんが愛車のトランクリッドに張られている「ALFA164 20周年」の自製ステッカーを差出し、「どうぞ!」と。
いや~、うれしいですね。Iさん、ステッカーどうもありがとう~!


そうこうする内に、前々から「すみませんが、早退しますっ」と言っていたSUPER12VのTさんが「お先に失礼します」って挨拶に来ました。
その訳は・・・言わずと知れた、「か○じょ」 ううん、イイね~!
おしあわせに~じゃなかった、「帰路、お気をつけて!」

その後、サービスエリア内の軽食コーナーで定食やラーメンなどを食べながら談笑をするといういつものスタイルで、食後は164の停まっている前で雑談や新メンバーの164をランプで照らしながらいろいろ話をしたり・・・。
遠方の名古屋から参加のQVのKさんはお仕事の関係で今回はオデッセイで、明日は仕事で熊本までと聞いて二度びっくり。
新メンバーも2名参加されているし、ナント私のQVの主治医も来られていたのには驚きました。



それと、前回の記事で「ブレンボ キャリパーの話」について質問がありましたので少し・・・

24VーQVのSさんに訊いてみたのですが、キットの購入先は今は無きGAPでキット自体はブレンボが出していたコンバーションキットらしいです。
今、入手出来るかは詳しく調べていないので不明です。

そして、どひゃ~QVのUさんのブロンズ色ブレンボは元東日本メンバーのTさんの164Sに元々付いていたモノでその後「西日本メンバーのとある黒QV」に装着され今はUさんのQVに付いている為、素性が今ひとつ判りません。
スバル・インプレッサ用だというのだけ以前、言ってたようなのですが。



深夜0時を回った頃にお開きとなりました。

参加されましたみなさん、ありがとう。
そして、また集まりましょうね!





  1. 2009/07/14(火) 23:31:08|
  2. ALFA164O,C
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:14

西日本の寄り合い

先日、久しぶりに寄り合いをやりました。
寄り合いで164O,Cメンバーと会うのは今年になって初めてです(申し訳ないです)

ちょっと遅れて到着しましたが、集合場所の駐車場に行くと164がちゃんと整列して停まっています。
西日本メンバーの164はやはり、QVとQ4が圧倒的に多いのですが、なかなかの個性派ぞろいです。

ららぽーと5台整列convert_20090627235136[1]

まずは、みなさんが集まっているショッピングモール内のお好み焼屋さんへ向かいます。
ららぽーとたこ焼屋convert_20090628000031[1]

ここは西日本メンバーのIさんが経営されているお店で初めて行ったのですが、土曜のお昼なので行列が出来ています。
ららぽーとたこ焼屋見本_convert_20090628000128[1]
早速、焼きそばとたこ焼を頂きました。
「エエ味やわ~、うまい!」
ららぽーとたこ焼_convert_20090627235750
関西のメンバーは食べ物屋さんが多いです。
もう一人のお好み焼き屋さんのオーナーのUさんとIさんは仕事の話題で語り合っています。

久しぶりに会ったメンバーと近況の話題などで談笑し、時間もだいぶん経ったのでそろそろお開きですが、今回集まって頂いたメンバーのクルマをちょっと見てみたいと思います。

ららぽーと整列convert_20090628001034[1]
3台のうちの真ん中のプロテオレッドのQ4は元東日本メンバーが所有されていたもので、Tipo別冊Alfa&Romeo Vol.7で掲載された個体です。

ららぽーとQ4convert_20090627235344
現在はNさんがホントに大切にされています。

ららぽーとSUPER_convert_20090628002220[1]
こちらは、IさんのSUPERです。
トランクリッドの右側に注目です。ALFA164の20周年記念パーティーのロゴをカッティングシートで自作されています!

ららぽーと24V-QVconvert_20090630003553
ららぽーと24QV_convert_20090627235015
こちらはSさんの24V、QVですが、赤のブレンボ・キャリパーがカッコいいですね。
マフラーもフロント等長からエンドパイプまで全てアーキュレー製で迫力のサウンドです。

河内のオッサン号_convert_20090628001155
そして、最後は「うおー!」っと驚くほどのQVのオーナーはUさん。

ららぽーと河内のオッサン5convert_20090628000933
ららぽーと河内のオッサン4convert_20090628000825[1]
フロントスポイラーにはナント!カーボン製のディフューザーが(驚)

ららぽーと河内のオッサン2convert_20090628000627
サイドスカートにも!!

ららぽーと河内のオッサン3convert_20090628000717
金色のブレンボキャリパーが眩しいです・・

ららぽーと河内のオッサン1convert_20090628000515[1]
8.5Jの18インチホイルがツライチ!?車高もエエ感じに落として、気合が入ってますねぇ!

フルバケットQVUさん
Sさんの24QV、UさんのQVともバケットシートに2座とも交換されています。
それに比べれば私のQVは何と大人しい事でしょうか・・・?



お開きのあと、エアコンの効きが思わしくないのでエアコンガスが抜けているだろうと思い、その足で主治医の元へ向かいました。


エアコンガス注入1convert_20090628001303[1]
やはり圧力がかなり下がっている感じで、ガスは1缶分くらいしか残ってないような・・・

エアコンガス注入2convert_20090628001424[1]
案の定、ガスは3本分も入ってしまいました。
以前は抜けなかったのに・・・ゴムホースからガスが滲んできているのか?ホース変えないと直らないかもですね。来年になったらまた抜けているでしょう、まあ~しょうがないね。


まぁ~とにかく今日、会った164たちはみんな活き活きしていたのが印象的でしたね。
また、寄り合いをやりましょう(^^;





  1. 2009/06/28(日) 02:08:53|
  2. ALFA164O,C
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

プロフィール

Choukyu

Author:Choukyu
164と付き合い始めてから10年以上経っても、未だに乗り続けているのは何でだろう・・・とあまり深く考えずに楽しく乗れればすべて良し!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
164 (6)
エンジン (6)
エンジンOH (8)
マフラー (2)
ALFA164O,C (5)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。