はじめてのいちろくよんいじり

ALFA164QVの整備記録ですが何かの役に立てれば・・・!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

164のエンコ

クルマに乗っていて、路上で突然エンコして立ち往生した経験の方も少なからずいらっしゃると思います。
クルマは所詮、機械モノですからいくら整備をしていても交換していない消耗部品が劣化の極限を向かえた時、脆性破壊的に突然その時はやって来ます。
また、年数を重ねると同時に疲労破壊的要素も蓄積しますし、摺動部の磨耗、電気抵抗の増大やレア・ショート、ハーネスの劣化による電気系トラブル等も起こります。
それには、使用環境や設計の問題、気候風土、もっと他にも様々な原因がありますが、機械モノはすべていつかは壊れます。
もちろん、不具合の対策・改善によって改良された丈夫に出来ているモノは長持ちします。
しかし、どこか問題点を抱えていたり、使い方をあやまった機械は時限爆弾のようにある一定に時期が来たら悲鳴を上げるように表に出て来ます。





話を164に戻しますが、164はフラッグシップなので155、156に比べて同じ部分の部品代が明らかに高いです。整備するにはこの部品代の差が常に付き纏います。
私は国産、外車問わず壊れた時の修理実費は多少の差はあっても精神的な費用というのはそれほど変わらないのではないか?という贔屓目な見方をつい、してしまいますが、

「何でこんな部品がこんなに高いの?」と驚くことも多いです。

その驚く部品代と整備工賃の合算した請求書を見て「げ~!!こんなに高くついたぁ~!」
っと幻滅し、その後の整備費用に危惧し、高額修理をしなければならない場面に直面した時、164を降りていという場合もあるかも知れません。

では、ALFA164とは一体どんなクルマなのでしょうか?
一見、ふつうのクルマに見えてそうではないように見えますよね。

国内に輸入されたV6モデルの164は普段の足グルマにはどちらかと言えば不向きで、比較的空いた高速道路や適度なアールのワインディングのほうが活き活きと走ります。
大都市圏の渋滞路や狭い道、普段のファミリーカーや買い物グルマには向いていないように思います。
もちろん、4ドアーセダンのボディー形状なのでファミリーカーとして使えるクルマに作られていますし、ALFAは4ドアーセダン=ベルリーナにこそ「その真髄がある」ようにも思います。
ただ、164V6モデルは日本の多くの道路事情には合っていないような気がします。
実用車として164を見た場合、維持費用の面と実用性を天秤に掛けた場合、どうしても維持費用の方にバランスが崩れてしまい、実用車としては不適合のレッテルを貼られてしまわざるを得なかったのでしょう。


何年も前ですが前九州支部長が、新しく164を購入する方に対してこんな質問をしました。

「あなたはALFA164に何を求めますか?」


それ以外にいろんな質問を箇条書きしていましたが、実はこれはとても大事なことなんです。
簡単に一言で言い換えるとしたら・・・

「何も求めているモノがないのであれば164を買う必要がない」

という逆の意味にもとれるような気がするからです。
164に限らず、アルファ・ロメオのセダン(ベルリーナ)は実用的にも使え、ファミリーカーにも使えます。
ですが、もっと他に
「本当にクルマで走るってどういうこと?」
「ALFA-V6エンジン搭載車でクルマを走らせている実感を味わいたい」

という欲求を満たしたいと思った時、初めてALFA164に乗る意味が出てくるというのを前九州支部長は言いたかったような気がしました。



で、タイトルの164のエンコについての話を全然してませんでしたので少し・・
些細なエンコですので、笑い飛ばしてください。

164QVでの経験は、今から5年前・・・

午後10時頃、出先から暗い田舎の夜道を自宅までの25kmの道のりを走行中、突然のエンストと共に全ての電気系がストップし、もちろんライトも消え真っ暗で前方が見えなくなり、あわてて路肩の空き地に164を寄せて停めました。
原因が全く思い浮かばず、頭の中は真っ白!
どうしたものかとしばらく考え、とりあえずJAFに電話し到着まで40分くらいかかるとの事。
それと某メカニックに携帯で電話して現状を説明すると・・・

(メカニック) 
「ライトが切れるのと同時にエンジンもストップしたんですね!それなら、ひょっとしたらエンジン・キーシリンダー(イグニッション・スイッチ=メイン・スイッチ)から出ている太い2本線の先にコネクターが付いてるでしょう。そのコネクター内部のどれかが焼けているんじゃないですか?」

なんと、一問即答であやしい箇所を指摘されました。
早速、懐中電灯を用意して暗がりの中で作業を始めました。幸い、ルームランプは点きます(回路は別系統なので)
ステアリング・コラムカバーを外し、キーシリンダーから延びる配線の先のコネクターを見つけました。

カプラーを抜いてみると、4本のうちの赤線の端子が黒焦げになって焼けていました。
「たぶん、端子が劣化してきて抵抗がだんだん増えて焼けて来たんだな・・」
しばらくすると、JAFがやって来ました。
JAFを呼んだのは全く何も電気配線用の工具を持っていなかった為、対処のし様が無かったからです。
現状をJAFの方に見てもらいましたが結局、細いヤスリでカプラー内の端子をシコシコと磨いてくれただけでした。
で、コネクターをつなぎ、エンジンキーを回すと何事もなくエンジンが掛かりました。

(JAF) 
「まあ、これで様子を見ながらぼちぼち気をつけて帰ってください・・・」

もうちょっと、JAFはましな対処をしてくれるかと期待しましたが、来てくれただけありがたいと思って、また走り出しました。
ただ、原因が判ったので走り出してからは常にコネクターがアツアツに焼けて来ると、即座にクルマを停めて端子の熱が冷めるのを待ち、また10分程走っては停まって冷ましの繰り返しをして何とか夜中の12時過ぎには帰宅出来ました。
後日、そのコネクターの赤線(メイン・スイッチ)の結線を自分で太い線に付け直して対処しました。

あと、もう一回だけQVで走行中に停まってしまったことがあるんですが、それは信号待ちで停止線に着いた時に突如として起こりました(走っている間はどうもなかったのですが)
エンジンの回転が1000くらいまで落ちたかと思ったその時・・

なんと、エンスト! 後方に数台つながっているのでハザード付けて手で合図します。

あわてて、エンジンキーをひねってかろうじて「ゴボゴボ」言いながらマトモにエンジンが回転しない状態で10mほど先の空き地にすべり込んだと思ったら停まってしまいました。


ついに、やってしもうた!「ガス欠」   アホですね(笑)


辺りにはガソリンスタンドは無いので・・・また、JAFのお世話になりました(汗)






スポンサーサイト
  1. 2009/07/21(火) 23:09:17|
  2. 164
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
次のページ

プロフィール

Choukyu

Author:Choukyu
164と付き合い始めてから10年以上経っても、未だに乗り続けているのは何でだろう・・・とあまり深く考えずに楽しく乗れればすべて良し!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
164 (6)
エンジン (6)
エンジンOH (8)
マフラー (2)
ALFA164O,C (5)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。