はじめてのいちろくよんいじり

ALFA164QVの整備記録ですが何かの役に立てれば・・・!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エンジンマウント その2

エンジンマウントの記事を書いていて思ったのですが、
このマウントってどれくらいでヘタって、交換しないといけないか?・・・

それは、さすがに個体差で分からないですが(笑)

私の164QV(‘92年 マニュアル・トランスミッション)の話をしますと、今から8年前の2002年に購入後の1年後にエンジン・マウント一式を全て交換しています。




まず、ミッション・マウントが押し潰されるような状態になっているのは目視点検でも確認出来、ミッションの位置が低くなる影響でシフト・ロッドがエンジン・ルームとキャビンの仕切り壁に開いた穴(ゴム部品でシールされている)の下部に擦れて、シフト・ロッドの作動が干渉されて、1速・2速・後退(R)が入り難かったですね。
img008_convert_20100315223005.jpg



交換後に分かったのですが、液体封入式の右フロント側のマウントが破断(ちぎれている状態)しており、これまでのクラッチの繋ぎ方による負荷が原因のようにも思えました。



クロスメンバとステアリングweb

で、マウントを全て交換してから7年ほど経つのですが、まだ劣化しているようには感じないです。
やはり、使い方のよって随分、劣化の具合にも差が出るのかもです。
エンジン・オイルが漏れると良くこのエンジン・マウントにオイルが付着し、ゴムを劣化させる原因になったりしますので、オイル・パン等からべっとりとしたオイル漏れが無いか普段から見ておいたほうが良いのかも知れません。


スポンサーサイト
  1. 2010/03/15(月) 22:13:45|
  2. エンジン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ

プロフィール

Choukyu

Author:Choukyu
164と付き合い始めてから10年以上経っても、未だに乗り続けているのは何でだろう・・・とあまり深く考えずに楽しく乗れればすべて良し!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
164 (6)
エンジン (6)
エンジンOH (8)
マフラー (2)
ALFA164O,C (5)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。