はじめてのいちろくよんいじり

ALFA164QVの整備記録ですが何かの役に立てれば・・・!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マジでエンジンOH 第6回

2007年末と08年始の2回に分けて大量の部品がショップへ送られて来ました。
これらの部品をすべて地下組織のGさんが検品・再梱包されて届いたんですから・・・ホントにありがとう!Gさん(笑)
到着した部品をインボイス(明細書)を見ながらどんな部品かもう一度見ていきます。
残念ながら梱包を解いた時などの画像がありませんが、山盛りテンこもりの部品屋さんが出来るくらいの量です。

そのパーツの山のなかで気になるパーツが3点ありました。


まず、1つ目がラジエータファンスイッチ
ラジエータファンSW2
送られて来た部品は北米仕様(3本線・コネクターが2つに分かれたタイプ)だったのです。
北米仕様の164は前期型もHi-Lo切り替えタイプだというの知らなかったもので後でメカニカルマニュアルを良く調べてみたら分かったのですが(汗)
日本仕様の前期型はON-OFFのみの2本線・コネクター1つのタイプです。
ファンレジスタを回路の間にかませて配線を改造をすれば使用可という事です。


2つ目がエアコンコンデンサの P-FLOW
PーFLOW
これは元々アルミ地金色だったのですが、私がシャーシ・ブラックのスプレーで塗装しています。
これの問題点はパイプのジョイント部分です。
パイプ継ぎ手を何らかの加工とエルボを追加・改造し、取り付けブラケットも専用のモノを何か工夫して作らなければ取り付けは難しいと判断しました。
コンデンサ注釈画



そして、3つ目がクラッチ3点セットの内のクラッチディスク
天狗の鼻メインシャフトweb
上がミッションケースのベルハウジング内のメインシャフト(天狗の鼻)です。

24VQV用クラッチ仮組図
私がフライホイールの取り付け面の高さからクラッチディスク面の位置関係を実測で割り出したクラッチハブの位置にセットしたのが上の画像です。
送られて来たクラッチディスクを実際にベルハウジングの天狗の鼻にはめて見ました。

最初にこの事に気が付いたのはメカニックで「何か、このクラッチ盤は違うような気がする」と電話が掛って来たので翌日、見に行ったら「なるほど、このクラッチ・ハブの出具合がだいぶん違いますね!」
ディスク中央のクラッチハブの寸法が前期型12バルブQVのモノではなく、外見がQ4にそっくりの後期型24バルブQVのモノである事が品番を調べて判明しました。
で、結局部品商にQVクラッチ3点セットの在庫があるか調べてもらったら東京に最後の1つが有ったのでそれを急遽手に入れる事にしました。

12QVクラッチ仮組UP図
QVクラッチディスクを同じ状態ではめたのが上の画像です。
クラッチ・ハブの出具合はこんな感じでスプラインがキッチリ掛っています。

24V-QVクラッチハブ画
12VQVクラッチハブ画
上図に2つのクラッチディスクの違いを示しました。実測で判ったのはクラッチ・ハブの厚みはどちらも25mmと同じで、その出具合が違うというものでした。

3点セットの内のクラッチ・カバーとレリーズ・ベアリングは全く同じものでした。
ちなみに、このクラッチはプル式でダイアフラムの表にレリーズベアリングをパチンっとはめ込むというモノです。

実際にこれで本当に24バルブQV用のがダメなのかと言えばそうではなく、アルフィッシモのJ氏からは大丈夫というメールが来ているし、他のメカニックでQVに同じタイプのクラッチ(156 V6用)を取り付けていて問題ないという意見もあるのでまず大丈夫だと思います。
ただ、今回はスプラインが掛っていない部分を見てしまったので個人的考えで12VーQV用をわざわざ嵌めたのですが・・・(^^;

12バルブQV用のクラッチディスクは4年程前に製造中止となり現在は24V-QVのクラッチで代用・統一されているようで今後、入手出来るのはこれのみとなるのでしょう。

ひょっとしたら、品番が違うだけで156V6と24V-QVのは同じモノかも知れませんね。



追記
私が、シコシコとノギスやスケールやらでややこしく計測してクラッチ盤の取り付け位置を割り出したのに、主治医のメカニックは12バルブQVクラッチ盤の位置をカラダが覚えているかのごとく「う~ん、この辺でしょう~」と何の躊躇も無く、ポンと一発で付けて見せました(プロをなめんなよ!って無言で訴えているようにも思えました)

ナント、その位置がドン・ピシャ!!

それを目の当たりにして、さすがは職人!と改めて関心し、尊敬の念を抱くのでした・・・。

  1. 2009/05/27(水) 19:03:32|
  2. エンジンOH
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<マジでエンジンOH 第7回 | ホーム | マジでエンジンOH 第5回>>

コメント

>品番が違うだけで156V6と24V-QVのは同じモノ

その可能性は高いですねぇ(笑)
アルファじゃありませんが、(確か?)フェラーリBBのクラッチ、ボーグ&ベックなんですがイタ車のトラクターと同じ物です(爆)
品番が違うのと価格が10倍くらい違うのに驚いた記憶があります(^^;

>取り付けブラケットも専用のモノを何か工夫して作らなければ取り付けは難しい

まっさきに”アールズで”と思ってしまう私ってば・・・(笑)

それにしても画像付きの解説の分かりやすさったらないですね!
本当に素晴らしいと思います、ヘタすりゃどっかのメカが参考にしちゃいそうなくらいですから(笑)

実は部品は同じだったケースを突き詰めていくと、費用的にかなり割安になる部品って結構あるような気がします、私は調べたくありませんが(^^;
  1. 2009/05/27(水) 19:59:33 |
  2. URL |
  3. こ~んず #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

なんと!トラクターと同じって・・

それ、マジっすか~(笑)
しかも10分の1でいけるんなら最高ですね!
しかし、良く知ってますよねぇ~。
さすがは、こ~んずさん。

やっぱし、アールズでカッコよく決めましょうか(笑)
QV用のクラッチが国内価格6万7千、アメリカからのクラッチの価格がシッピング・TAX込みで約5万、156V6の価格がいくらだったかな?3万数千ぐらいかな?4万以下だったような。
パーツは同じで車種によって値段が違うのってありますよね、だからモノを知っていて知恵がある人はいろいろ流用出来るでしょうね。私はその知恵がちょっと足りないのですが(汗)
  1. 2009/05/27(水) 22:09:17 |
  2. URL |
  3. Chousuke #-
  4. [ 編集 ]

>それ、マジっすか~(笑)

マジです(笑)
それをフェラーリオーナーに聞いた時にピンときたんですよ、実は同じ部品って結構あるんじゃないかなって。
例えば部品が同じなら別にメーカーからじゃなくてもヤ○マーから買えばいいんですから(核爆)

確かディアブロSVとF50のフロントブレーキはまったく同じですが価格は20万以上違います、って事は同じイタ車でも同じ部品で価格差が大きいものを知っていれば、安い方を買った方がお得って事になります。
箱のマークと品番が違うだけで数万円もの価格差があるのって、知ってしまうと馬鹿馬鹿しくなりますよね、そこでChousukeさん、調べてみませんか?(他力本願)
我こそは!と思う方はガンガン調べてこちらのブログで報告してください、欠品だと言われている部品がトラクター屋から今でも買えたら英雄になれますよ(笑)
  1. 2009/05/28(木) 19:36:37 |
  2. URL |
  3. こ~んず #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

OEM部品でそういうのが・・・

>こ~んずさん
良くあるんですよね!
例えば、アルファのマークや箱に入ってないだけで安い部品だったり・・・。
ただ、それにはランクが有って、品質の悪い部品も有ったりしますから一長一短です。
この事は密輸、じゃなかった(失礼!)地下組織の首領も良くご存知の筈です(爆)
いや~、さすがにこのハナシは調べれませんよ!
業界のタブーに踏み込むのは怖いですから(気弱)
ただ、パーツを普段から見慣れているプロは知っている筈ですが、それを踏み越えるヒトとそうでないヒトがいるんです。
でも、ヤバイハナシになって来てる・・・(笑)
  1. 2009/05/28(木) 19:51:14 |
  2. URL |
  3. Chousuke #-
  4. [ 編集 ]

>踏み越えるヒトとそうでないヒト

あちゃ~、私は平気で踏み越える派ですからね(笑)

でも、なるべく非公式な方法がベストかもしれませんね(^^;
まぁ、そうそう調べられるものでもないので一般的にはならないでしょう(笑)
  1. 2009/05/28(木) 23:09:49 |
  2. URL |
  3. こ~んず #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

そうですね(笑)

なるべく、非公式にと考えてしまうのは気弱な性格からです。
これから書く予定の記事の内容も公開にしていいんだろうか?と悩むところもあったりするんですね。
出来るだけ、ありのままをお伝えしたいと考えています。

ナイショ話しのカテゴリも作りましょうか。
  1. 2009/05/29(金) 07:28:36 |
  2. URL |
  3. Chousuke #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://choukyu.blog85.fc2.com/tb.php/14-a9f42e9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Choukyu

Author:Choukyu
164と付き合い始めてから10年以上経っても、未だに乗り続けているのは何でだろう・・・とあまり深く考えずに楽しく乗れればすべて良し!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
164 (6)
エンジン (6)
エンジンOH (8)
マフラー (2)
ALFA164O,C (5)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。