はじめてのいちろくよんいじり

ALFA164QVの整備記録ですが何かの役に立てれば・・・!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マジでエンジンOH 第7回

禁断の領域へ

2008年1月中旬、いよいよ部品もすべて揃い順風満帆にエンジンOHの作業が進むように思えました。
しかし、主治医が1人でショップに入庫してきた全ての患者(クルマ)を治療しなければならないので当然、作業が捗らないものです。
私は少しでも作業の手助けになればと週末に赴き、分解したパーツの錆び落とし(研磨)をする事にしました。



カムプーリとミッションケース研磨web
赤茶けた両バンクのエキマニをドリルにワイヤブラシを取り付けて粉塵まみれになりながら研磨していきます。
完全に分解していたら、サンドブラストで磨き上げるのもありですが、そこまではしませんでした。
他には粉を吹いたように錆びたミッションケースや赤茶けたカムプーリ、黒ずんだタペットカバー、オイルが焼け焦げたSUS製フロント等長パイプなど・・・。
分解したパーツたちをスコッチ・ブライト等で磨き上げて行きました。


2月から忙しい合間を縫って主治医はシリンダーヘッドのポート研磨に着手しました。
達人ポート研磨作業web
面研したシリンダヘッドの接合面をキズが付かないようにガムテープでキッチリ養生してエアーリューター、フラップホイルを取り付けた電動ドリルで慎重に少しずつインテーク・エキゾスト側のポートを研磨されていました。

ポート研磨インテーク側web
インテーク側は特にインテーク・マニホールドとの段つき修正をするのが効果的ですね。
インマニを合わせながらリュータで切削していくのです。
鏡面仕上げまではしませんが指で触った感じでは十分、ツルツルになっています。
さすがにレーシング・エンジンでは無いのでポートに出っ張っているバルブガイドまでは削りませんが(笑)
バルブ・シートを傷つけないように削らなければなりません。
私もこのポート研磨をやったことがあるのですが楽しいですよ!無我の境地に入ったような気分になります。マスク装着は必携ですが(笑)


QVの前の分解部品の山web
ドンガラのQVの前に分解した部品が所狭しと並んでいます。
次第にパーツがピカピカになっていくのと同時に私もエンジンOH中毒になりつつありました。


※これからの作業中には写真をほとんど撮っていません!
(作業に集中していた為それどころでは無かったので)



2月上旬某日の深夜、シリンダーブロックの分解をメカニックと私の2人掛りで着手しました。
シリンダーブロック分解前web
私がショップに出向いた時にはすでにシリンダーブロックをエンジン・スタンドに取り付けしていてくれました。
このエンジン・スタンドはハンドルが付いていて、360度、作業し易い位置に回転させる事が出来る、無くてはならない器具です。

1. まずはコンロッドのボルトを緩めて1番から6番までのピストンを外していきます。
ピストンを抜く時にシリンダーも一緒に抜けてしまうモノがあるので注意しながら作業します。
シリンダー(ライナー)がもし脱落しても大丈夫なようにエンジン・スタンドの下にプラスチックの大きなバケットを置いておきます。

2. 錆び付いて外れなかったシリンダーはタガネ等でハンマーで叩いて外します。

3. そしてピストン・ライナーが全て外れたら、最後に残ったクランクシャフトを外します。
まずはクランクシャフト親メタルのキャップのナットを全て緩めます。

4. そして、エンジンのフロント側から順番にそのメインジャーナルのキャップをウォーターポンプ・プライヤーで挟んで真っ直ぐ上に抜き取ります。

5. 最後のクランクシャフト・リアシールと兼ねているキャップはクランクシャフトを少しずつ持ち上げながらキャップを上へずらして持ち上げ外して行きます(ある程度外れたら、ウォータポンププライヤーで掴んで外します。

このリア・エンド側キャップには両端に1本ずつ、ゴム製棒状シールがはまっていて、これがオイルシールの役目をしているのですがこれがリアシール近辺からのオイル漏れの原因となっているのです。
この棒シールは穴の奥まで完全にシール出来ないのです。
なので,今はこのタバコの太さくらいの棒シールを使うことはありません。
代わりに液体ガスケットを塗り込んでシールします。


ピストンをシリンダーから外して判りましたが、6本のシリンダーの全てがピストンリングのギャップ(割れ目)が3枚とも同じ方向に向いていました(泣)
それを自分で分解しながら「うわ~~! やっぱり~なぁ~」
これではオイル上がりを起こしてもおかしくありませんね(笑)
幸い、シリンダー内壁に決定的ダメージのスクラッチは有りませんでしたが・・・。


そしてこれから、自分でも気が付かない内についに禁断の領域へと入っていくのです・・・。



追記
シリンダーブロックのピストンとコンロッド、シリンダー、メインベアリング・キャップ、親メタルを分解する時は各部品を取り外す直前もしくは取り外してからでいいですから向きが判るように矢印と番号を油性ペイント・マーカー等で書きます

矢印の向きはエンジン・フロント側(クランク・プーリが付いている方)に向けます。

マーキングする理由は矢印で元々の取り付け方向・位置を示しておかないといけないのと何番シリンダーの部品か(何番目のキャップ、メタルか)判らなくなる為です。
軸摺動面の当たりが変わってしまうので必ずこれは守りましょう。


  1. 2009/05/29(金) 09:32:37|
  2. エンジンOH
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22
<<マジでエンジンOH 第8回 | ホーム | マジでエンジンOH 第6回>>

コメント

う~ん、とても大変そうですが、すごく楽しそうですね?
近々、フルO/Hがマストな自分にとって、楽しみな反面、どっかにQV新品エンジンかO/H済のものが売ってないかなあ?なんて思う今日この頃です。
  1. 2009/05/29(金) 17:17:48 |
  2. URL |
  3. BUSSO #-
  4. [ 編集 ]

大変だけど

パーツをバラしたり磨いたりって楽しいんですよね、私も週末は徹夜してL型エンジンで散々やりました。
でも出来上がってみると苦労なんて忘れてしまうほど感動するんですよね。
  1. 2009/05/29(金) 19:25:17 |
  2. URL |
  3. こ~んず #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

しかし

ここまでバラしてしまうとポートまで絶対やりますよね。 さすが車はやったことないですが、バイクはバルブガイドまで切ってペーパー、コンパウンドで仕上げてました。 メカって、やっただけ応えてくれますからね。 その結果ヨシムラもない時代にZ50Zのモンキーが140Kmのトップスピードを得ました(バカ)。
  1. 2009/05/29(金) 21:08:10 |
  2. URL |
  3. kouichi #-
  4. [ 編集 ]

>kouichiさん

>ここまでバラしてしまうとポートまで絶対やりますよね。

ですよねぇ(笑)
実際、ポートの段つきを無くすだけでもエンジンが変わったのが分かります。
L型ではね、ポートはもちろん、ピストンやコンロッドなんかもg単位で揃えたり鏡面加工したりしました、なんだか、Mi16でやりたくなってきちゃったゾ・・・(^^;
個人的にあと50psアップの200psくらいがMiのベストなんですよねぇ・・・
でもメカチューンじゃ180~190くらいまでしか出ないかも。
  1. 2009/05/29(金) 23:45:29 |
  2. URL |
  3. こ~んず #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

BUSSOさん

BUSSOさん、本当にOHをするんですか?
QVエンジンの新品はもう存在しないと思いますが、キッチリと組み直したエンジンは本来の性能を発揮する筈です。
実際の作業というのは楽しんでいる余裕は無かったですね、まさに仕事をしている感覚と同じです。
寒い冬の深夜に親父が残業しているようなもんです。
今となってはイイ思い出ですね(笑)
  1. 2009/05/30(土) 00:27:58 |
  2. URL |
  3. Chousuke #-
  4. [ 編集 ]

こ~んずさん

錆びている部品を見たら許せないんですよね~、つい磨いてしまいます(笑)
バラした部品を眺めてはニヤニヤしながら作業するのも楽しいものです。
このピストンが高回転で頑張ってくれていると思うだけで嬉しくなります。
この後のクランクメタル合わせの時、徹夜しました(笑)
  1. 2009/05/30(土) 00:35:22 |
  2. URL |
  3. Chousuke #-
  4. [ 編集 ]

kouichiさん

やっぱり、ポート研磨やりたくなるでしょう?(笑)
kouichiさんの若かりし頃の思い出ですね!
140kmのトップスピードは相当なちょっとスゴイのとちゃいます!(笑)
エンジンいじっている時って何もかも忘れて没頭できますね!
  1. 2009/05/30(土) 00:41:24 |
  2. URL |
  3. Chousuke #-
  4. [ 編集 ]

ついに来ましたね!

>こ~んずさん
おお~!やりたくなってきたのでは~(笑)
メカチューンはシブイチューニングだけどやっただけの価値がありますよね!
地味な仕事だけどそれがまた楽しい~。
MI16のエンジン、1回だけちょこっと乗ったことがあるんだけど、低速回転でのトルクが無い代わりに4000を過ぎてからグワ~んって回りますよね。
引っ張って回すエンジンだなぁ~って思ったんだけどどんな感じでチューンするのが一番イイと思いますか?やはり、高回転重視かな・・
  1. 2009/05/30(土) 00:53:42 |
  2. URL |
  3. Chousuke #-
  4. [ 編集 ]

>Chousukeさん

このO/Hを見ていたらやりたくなっちゃいますよねぇ(笑)
ここまでバラしたらついでに・・・とエスカレートしそう(^^;

>どんな感じでチューンするのが一番イイと思いますか?

個人的にはまずバランス取りをきっちりやっただけでも相当良くなると思いますが、Miのエンジンって7000rpmのレヴまで回りますが6500以上がちょっと重いので、圧縮比を上げてカムも作って8000rpmまで回せば200ps弱くらい出るんじゃないかと。
ピストンはちょっと旧い日産キャラバンディーゼルのモノが使えるので加工して~とか高回転化に備えてバルブ周りに流用出来る部品はないかなとか夢だけは膨らんでいきます(笑)
CPUはずっと愛用していたモーテックを使ってエアフロレス、それをAVOのK島さんにセッティングしてもらえば405ターボ16のロードカーより乗りやすくて速い最強のMi16が出来そうだなぁ・・・
うう、ココは罪なブログだ(爆)

  1. 2009/05/30(土) 07:13:40 |
  2. URL |
  3. こ~んず #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

やっぱし・・・(笑)

>こ~んずさん
思ったとおり、構想がしっかり出来てる!
あれこれ考えるだけでも楽しいですね(笑)
エアフロレスってホットワイヤ式に換えるって意味ですか?(すみません、教えて下さい)。
吸気系とモーテック、圧縮アップとバルブ駆動系・・・
楽しそうじゃないですか!
昔、ターボ16にあこがれた時期がありましたが、やっぱりターボチューンよりメカチューンの方が好きですね。
こ~んずSPL E/G搭載の「くあどり16」ええなぁ~!
  1. 2009/05/30(土) 07:52:28 |
  2. URL |
  3. Chousuke #-
  4. [ 編集 ]

エアフロレス

スロットルスピード方式(http://www.geocities.jp/neo_nyatron/nyatlon/column/sdts/sdts.html)などにに変えるとエアフロ自体がいらなくなるんです。
スロットル開度とエンジン回転速度とで吸入空気量を推定し、燃料量を演算するので。
直接スロットル開度の動きを検出しているので、レスポンスに優れ、レーシングカーに多用されています。
でも空気量は、エンジン回転速度とスロットル開度に対して複雑な関数関係のため、空気量の検出が容易でない事から一般的ではないですね。
街乗りするならエアフロレスまではいらないfですが、R32&33GT-R時代にエアフロレスにしてたんですよ~(笑)
でもモーテックは日本に持ち込んだAVOのK島さん以外には(フルコンを使いこなせない代理店が多過ぎるので)セッティングを頼んでいないのであんまりお勧めは・・・(笑)
本体がべらぼうに高いのもセッティング費用が高いのも問題ですが、実際に使っていた私は気に入ってるんですよね。
ちなみに私にフルコンはまったく理解不能の世界です(爆)
おまけに普通のダイアグノーシスは使えなくなっちゃいます(^^;
  1. 2009/05/30(土) 09:29:24 |
  2. URL |
  3. こ~んず #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

さすが~!

スゴ過ぎっす、こ~んずさん!
全然、知らなかったことを良く知ってますね。
今度、イロイロご教授いただかなければ・・・(笑)
そのハナシだけで一晩飲めますね。
セッティング出来るヒトが限られているんですね。
これは、中部支部元Q4オーナーのEさんが好きなネタだな(強烈なGT-Rに乗ってたから)
  1. 2009/05/30(土) 10:00:58 |
  2. URL |
  3. Chousuke #-
  4. [ 編集 ]

全然

凄くないです(^^;
付けてはいたものの、なんたってセッティングは私じゃないですから(笑)
フルコンにも数種類ありますが、私はたまたまモーテックだったんですよ、フルコンはクルマ換えても何度でもまた使えるので使い続ければコストパフォーマンスも悪くないです。
特に輸入車はあまりECUを選べないのでメリットがありそうです。
各種のリミッターも自由自在だし、ロガーだって付けられます。
中部地区のえの○○○○○ですね、好きそうだもんなぁ(笑)
  1. 2009/05/30(土) 13:18:01 |
  2. URL |
  3. こ~んず #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

>各種のリミッターも自由自在だし、ロガーだって付けられます。

QVに付けたらどうなるでしょうね。
別物のエンジンになるのかな~(笑)
データロガーも付けれるんですね。
また、妄想が始まってしまうじゃないですか・・(笑)

でも、QVは今のままの方がいいのかも知らないです。やっぱり、雰囲気を味わうクルマだし、ECUと言ってもアナログっぽいし、緻密なコントロールしていないから何かキャブレターっぽいし・・。
排気音とかも気温とか湿度で変わるし。その辺も好きなんですよね。
  1. 2009/05/30(土) 22:00:30 |
  2. URL |
  3. Chousuke #-
  4. [ 編集 ]

そうですね

まったく別のクルマになっちゃったら本末転倒ですからね(^^;
素の良さを保つのが一番ですよね~
  1. 2009/05/31(日) 08:06:01 |
  2. URL |
  3. こ~んず #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

何か・・・

このページの一番上の画像のミッションケースとかカムプーリーの造形なんか見ても有機的なデザインでしょう。
それとはちょっと関係ないけど、アルミと鉄のカタマリなのにエンジンが生きているような気にさせるんですね。それが、一台一台ちょっとずつ違った個性になっていてアルファ・ロメオで、こういうのが感じられるのはこの当時まででしょう。
でも、悲しいですがディーラーでは164はもうアルファ・ロメオではないんですから。
  1. 2009/05/31(日) 13:07:57 |
  2. URL |
  3. Chousuke #-
  4. [ 編集 ]

うんうん

いい写真ですね。最初見たときイラストかと思いました。さりげなく置かれているカムプーリーの造形が素晴らしい!アングルがいいんですね。

確かに164はアルファではなくなっているのかも知れませんが、この前までタイベルとかクラッチ交換はアレーゼでやってもらってました。
友人がそこで156のV6を新車で買いまして、私はそのお店は誰も知らないんですが、ある時友人と同じタイミングでドック入り、こちらはタイベル交換をお願いしたんですが、友人のを後回しにしてやってもらえました。どうやら若いメカの教育用かとも思われますが、お店のチーフ曰く「164QVですから」というようなことを言われました。 我々からみると素晴らしいお店だと思います。
  1. 2009/06/03(水) 00:43:05 |
  2. URL |
  3. kouichi #-
  4. [ 編集 ]

素朴な疑問なんですが・・・。

脈絡のない質問ですみません。
QVとLとかスーパーの部品って結構共通していたりするのでしょうか?たとえば、中古品でも流用して使えたりとか・・・。
  1. 2009/06/04(木) 22:17:54 |
  2. URL |
  3. きゃつお #-
  4. [ 編集 ]

>kouichiさん

そちらのディーラーはいいですね!
こちらでは、もう・・・難しいですね。
昔からのメカさんが残ってらっしゃる所は大事にしたいですね。
  1. 2009/06/04(木) 22:41:22 |
  2. URL |
  3. Chousuke #-
  4. [ 編集 ]

>きゃつおさん

93年(日本導入年)を境に164は大きなひとくくりとして前期型と後期型なんていう言い方をしたりしますが、その前期型どうし、後期型どうしの部品は大まかに共通と思って下さい。
細かな仕様で共通ではない専用部品を使っていますね。

メータパネル(タコのレッドゾーンと回路がQV用=スピードセンサー)
エンジンECU、エアフローメータ周り、マフラー(触媒と以後の排気管)
などはQV専用で他の仕様のパーツが付けれないです。
これ以外のモノであれば、付けようと思えば付けれるのが多いですね(中にはダメなのもあります)
後期型のを前期型へ付けているので良くみるのが前後シートのハメ換え(Q4レカロをQVへ)コネクターを付け替えないといけないのもありますが、テールレンズやヘッドライトユニット等のハメ換え等ですね。
足回りでは164AとQ4以外は同じモノが付けれます。
ブレーキは前期と後期でキャリパーとローターが違います(Q4だけリヤが専用)が、SUPER等後期型のローター、キャリパーをQVに付けている方もいます。
  1. 2009/06/04(木) 23:26:40 |
  2. URL |
  3. Chousuke #-
  4. [ 編集 ]

電装系は

結構違いますよね、同じ年式・グレードでも実はコネクタ形状が違っていたり。
まぁ、これは国産でもかなりありますが(笑)
  1. 2009/06/04(木) 23:44:16 |
  2. URL |
  3. こ~んず #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

ハーネスは・・・

一番気をつけないといけないですね(笑)
164Aの初期型と164AのNEWスイッチバージョンではハーネスがまるで違いますね。
QVも初期ロットと後の方のロットでは細かな所が違うかもです。
QVのドアミラーはボディー同色になっていますが、実は大きく(長く)なっているらしいです。
ところが、私のQVのは164Lのと同じ大きさだからこの辺もいい加減かもですね。
  1. 2009/06/05(金) 00:12:57 |
  2. URL |
  3. Chousuke #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://choukyu.blog85.fc2.com/tb.php/15-a7106ae0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Choukyu

Author:Choukyu
164と付き合い始めてから10年以上経っても、未だに乗り続けているのは何でだろう・・・とあまり深く考えずに楽しく乗れればすべて良し!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
164 (6)
エンジン (6)
エンジンOH (8)
マフラー (2)
ALFA164O,C (5)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。