はじめてのいちろくよんいじり

ALFA164QVの整備記録ですが何かの役に立てれば・・・!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シリンダーヘッドガスケットの話

シリンダーヘッドガスケットって一体どれくらいで劣化していくんだろうって考えた事ありますか?

実はこの事も良く分からないんですよね。実際に中の方は見えないし、予想でしかないし。
大体10万キロ前後くらいと聞いたり、20万キロ走っても問題無いエンジンも有るし。
使い方、乗り方で条件は変わってくると思いますので一概には言えないかもです。

前回のシリンダーヘッドの画像をもう一度良く見ていただいて説明したいと思います。
ヘッド1番側
ガスケットが張り付いていた接合面が薄汚れて黒っぽく見えると思いますが、その中でもシリンダー接合面は白い輪になっていますがその周辺は泥水が乾いた後みたいに黒っぽく縁取りのある形になって浮き上がって見えますでしょうか?
この部分はガスケットが冷却水(クーラント)に直接、常にさらされている面なんです。
ウエットライナーとか言うらしいのですが鉄製シリンダー(スリーブ=筒)を冷却水が直接冷やす訳です。
年数が経ってくると常にクーラントにさらされているこのガスケットの面が少しずつ水を吸い込んだようにふやけて来ます。
そして、シリンダーヘッドのもやもやとした模様が付いたように見えるこの面も常にクーラントにさらされ汚れが溜まった部分から腐食が始まる訳です。

シリンダーヘッドガスケットを長持ちさせる為にも、早めのクーラント交換が望ましいでしょう。
1年に一回はクーラント交換した方がいいと言う意見もあればいろいろですね。

注意しなければならないのが、粗悪品のガスケットを使ってはいけないと言う事です。
純正のヘッドガスケットでも徐々にふやけて来るのに粗悪品を使った場合、最悪ガスケットが破損してエンジンが損傷するかも知れないからです。
常にエンジンをチェックしている人なら、その予兆に気がつくかもですが。
それだけ、要の部品なんです。
  1. 2009/05/13(水) 22:03:50|
  2. エンジン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
前のページ

プロフィール

Choukyu

Author:Choukyu
164と付き合い始めてから10年以上経っても、未だに乗り続けているのは何でだろう・・・とあまり深く考えずに楽しく乗れればすべて良し!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
164 (6)
エンジン (6)
エンジンOH (8)
マフラー (2)
ALFA164O,C (5)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。